アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は子供から大人までたくさんいます。皮膚炎ができると、かゆくて我慢ができなくなり、掻くとさらに症状が悪化する状態になるため、塗り薬や飲み薬に頼りたくなります。

特にアトピー性皮膚炎と診断されて処方されるステロイド剤に効果を感じながらも、どんどん強くなっていくストロイド剤を使い続けることに不安をかかえている人も多いです。

ステロイド剤を塗れば症状は治まるものの、皮膚の状態はいっこうに改善していかないのには理由があります。

ここでは、アトピー性皮膚炎が起きるメカニズムと予防・改善に必要な油(DHA・EPA)の摂り方について確認していきます。

アトピー性皮膚炎が起きるメカニズム

アトピー性皮膚炎は子供に多い症状だというイメージがありますが、アトピー性皮膚炎患者の半数以上は大人です(平成28年・厚生労働省データより)。また、大人の方が重症化しやすい傾向があり、薬に頼っている人が多いです。

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一つであり、免疫反応が大きく関係しています。免疫反応は、体内に入ってきた有害物質(風邪ウイルスや虫の毒、細菌など)に対して、体外へ排出させようと働く免疫細胞の反応です。

一般的に免疫反応が行われるときには、発熱や腫れ、痛み、かゆみなどの炎症を伴います。炎症は本体、有害物質を体外へ排出する免疫細胞の作用に伴って出るものなので、身体にとって止める必要はないです。

また、免疫細胞は発がんやストレスなどで機能低下した細胞に対しても、攻撃・排出して身体を守ろうとしています。つまり身体の中では常に免疫細胞が「健康な細胞にダメージを与えるものがないか見張っていて、あればすぐに排除する」という働きをしているのです。

しかし、食べ物や花粉など身体にとって有害にならない物質に対しても、免疫細胞が排除しようとする場合があり、その反応に伴う症状がアレルギーです。「アレルギーは免疫細胞の暴走である」といわれるのは、このためです。

免疫細胞が過剰に働くと、排除しなくても良い健康な細胞や物質に対しても排除しようとして、それに伴って、健康な細胞まで炎症を起こします。

もともとアレルギー体質である場合に、ストレス、食べ物、紫外線、化学薬品、農薬などに反応して免疫細胞が過剰に働いてしまいます。この結果、皮膚に炎症反応として、かゆみや赤みが表れるのが、アトピー性皮膚炎なのです。

アレルギー体質になるのは、乳幼児期に抗生物質やステロイド剤など免疫機能を低下させる薬を多用していた場合や、油や砂糖の摂り方、ストレス、胎児期の影響など原因がさまざまあります。

皮膚のバリア機能の低下がアトピー性皮膚炎を悪化させる

アトピー性皮膚炎は免疫細胞が過剰に反応することで発症しますが、かゆみを伴ったり、赤くなったりするのは皮膚のバリア機能の状態が左右しています。

皮膚は表面にある皮脂膜とその下にある角質層によって、水分の蒸発や外からの細菌の侵入などを防いでいます。角質層は角質細胞がレンガの壁のように何層にもなって作られています。そして、角質細胞と角質細胞の間にあるのが、角質細胞間脂質といい、主にバリアの機能を担っています。

角質細胞間脂質はレンガとレンガをくっつける接着剤のような働きをしており、角質細胞間脂質の機能が低下すると、皮膚のバリア機能は低下して、乾燥状態が続き、炎症が起きやすい状態となります。

皮膚のバリア機能が低下すると、ダニやカビ、ほこり、汗、化学繊維、化粧品、また、手でひっかいただけでも、炎症が起きやすくなります。本来このような刺激では免疫細胞が過剰に作用しないのですが、アレルギー体質(免疫が働きやすい)上に、皮膚のバリア機能が低下していると、皮膚の炎症として表れます。

角質間細胞脂質は、セラミドを含む脂質成分です。アトピー性皮膚炎はセラミド不足による肌のバリア機能低下に原因があるともいわれています。肌のバリア機能が低下しているために、アレルギー反応を起こしてしまう物質が侵入しやすくなるのです。

セラミドは「○○を食べれば体内でたくさん作られる」というものはなく、糖質や脂質などさまざまな栄養素と酸素を肌までしっかり運ぶことで作られます。そのため、セラミドの不足を防ぐには、血流を良くすることが重要になります。

ただ、アトピー性皮膚炎を起こしやすい人はもともとセラミドを作りにくい体質であるともいわれています。そのため、セラミド不足が起きないように外からのスキンケアでしっかり保湿もしつつ、血流を改善することがポイントになります。

血流を良くするためには血液量を増やし、血管膜をしなやかにすることが必要です。血液はたんぱく質(肉や魚、卵など)、ミネラル、ビタミンが材料となって作られます。特に鉄分不足な状態だと、栄養素や酸素はしっかり運ばれません。

このイラストのように鉄(ヘモグロビン)が不足していると血液量があっても酸素を運ぶことができず、肌ではセラミドが生成されにくくなります。

また、血管膜をしなやかにするのはDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)です。DHA・EPAは魚に多く含まれている油であり、毎日魚を食べることで身体への必要量が補えます。しかし、DHA・EPAは酸化されやすい油でもあり、酸化されてしまっていては逆に血管膜を硬くしてしまいます。

油の酸化は熱・空気(酸素)・光が加わると促進されます。魚料理からDHA・EPAを補う場合は調理仕立てのものを食べるようにしましょう。DHA・EPAをサプリメントで補う場合は、製造段階で高温抽出されていないものを選ぶようにしましょう。

さらに、オメガ6脂肪酸(サラダ油)の摂取は血管膜を硬くします。調理に使用するサラダ油だけでなく、加工食品、コンビニ食品、お菓子などには多くのオメガ6脂肪酸が含まれています。血流を良くして、肌のバリア機能を高めるためには、オメガ6脂肪酸の過剰摂取を防がなくてはいけません。

血流の改善には、食べ物の摂り方も大事ですが、睡眠や運動も大きく関係します。肌細胞は睡眠中に修復・再生されます。睡眠不足な状態があると、血管や血液を作っている細胞、肌細胞も機能低下します。

また、血管の周りには筋肉がついており、運動や体操などして筋肉の刺激があることで血流は良好になります。

アトピー性皮膚炎の原因となる肌バリアの低下には、スキンケアで保湿をしつつ、食べ物、運動などを意識して血流を良くすることが重要になります。

ステロイド剤はアトピーになぜ効くのか

アトピー性皮膚炎を疑って皮膚科に行くと、多くの場合ステロイド入りの塗り薬が処方されます。ステロイドと聞くと副作用が強いイメージがあり、あまり使いたくないと思っている人も多いです。

しかし、かゆみなどの症状が強いアトピー性皮膚炎は「ステロイド入りの塗り薬を塗ると、症状が確実になくなる」という経験をしている人もたくさんいます。

それほどステロイド剤はアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる効果があります。では、なぜステロイド剤は炎症を抑制するのでしょうか。

体内で分泌されているホルモンの中でコルチゾールという副腎から分泌されるホルモンは、炎症を抑える作用をします。ステロイド剤はコルチゾールの構造を元に人工的に合成しているため、塗り薬としてアトピー性皮膚炎の炎症抑制に効果があるのです。

ステロイド剤を使い続ける危険性

ステロイド剤は強力な作用でアトピー性皮膚炎の症状を抑制します。しかし、使い続けていると効果を実感できなくなったり、副作用が出たりします。それはコルチゾールの炎症抑制作用を起こしているメカニズムが関係しています。

ステロイド剤の元となっているコルチゾールは、免疫細胞の働きを抑制することで、炎症をストップさせます。上で述べた通り、炎症反応は身体に対して有害とされる物質を排出しようとする免疫細胞の働きによって起きます。

そのため、コルチゾールによって免疫細胞の働きを抑制し続けていると、免疫機能が低下します。免疫機能が低下すると、本当に私たちの身体にとって体外へ排出させなくてはいけないウイルスや細菌、がん細胞などを免疫細胞によって排出できなくなります。

本来免疫機能は私たちの身体を健康に守るために必要な機能なので、働きを抑制させると病気になりやすくなるのです。

私たちの身体から過剰になっている炎症に対して自然なバランスでコルチゾールが分泌されることは必要です。

しかし、外から薬(ステロイド剤)によって炎症を抑制していると、免疫機能は抑制され過ぎてしまいます。それどころか、本来の身体に備わっているコルチゾールが分泌されにくくなってしまいます。

そのため、自分の体内のコルチゾールホルモンだけで身体に起きる炎症を抑えられなくなってしまうのです。同時にステロイド剤によって免疫機能は低下しているため、風邪ウイルスやがん細胞などを排除するパワーも減少し、病気になりやすくなります。

ステロイド剤の使い始めは皮膚の炎症が素早く治まるため、適度な使用はアトピー性皮膚炎に効果的です。しかし、「使い続けると、身体に備わっている様々な機能を低下してしまう可能性がある」ことは頭に入れておく必要があります。

コルチゾールを体内からしっかり作り出す

ステロイド剤の元となっているコルチゾールホルモンは、体内で合成されます。コルチゾールは、細胞内で体内に存在するコレステロールが材料となって作られます。コルチゾールが作られにくくなって、炎症(皮膚炎)が抑制できないようになっているのには、以下の理由が考えられます。

  • コレステロール不足
  • 細胞膜の機能低下
  • 副腎疲労

それぞれについて解説していきます。

・コレステロール不足

炎症を抑制するコルチゾールはコレステロールを材料に作られます。そのため、材料となるコレステロールが体内に不足しているとコルチゾールの生成量も不足してしまいます。

コレステロールは肉や魚、卵など動物性の食品が元となりますが、体内に存在しているコレステロールのほとんどは肝臓で作られています。肝臓でたんぱく質、脂質、糖質を材料にコレステロールは作られるため、しっかりそれらの食品を摂り入れる必要があります。

・細胞膜の機能低下

コレステロールが体内にたくさん存在していても、細胞の中に取り込まれないことには、「コレステロール → コルチゾール」の変換はできません。コレステロールは血液中から細胞内へ移動しますが、その際に細胞膜を通過しなくてはいけないからです。

血液検査のコレステロール値が高いにも関わらず、炎症が続きやすい人の場合、「コレステロールは作られているのに細胞内へ取り込まれないため、血液中に多く残っている」状態が考えられます。

細胞膜は脂質で構成されています。細胞膜を硬くし、血液中の酸素や栄養素(コレステロールも含む)を取り込みにくくする油はオメガ6脂肪酸(サラダ油など)です。オメガ6脂肪酸は調理に使うサラダ油だけでなく、加工食品、コンビニ食品、お菓子、外食などにも多く使用されています。

一方、細胞膜をしなやかにし、栄養素を細胞内に取り込みやすくする油はオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)です。DHA・EPAは特に青魚に多く含まれており、イワシであれば1日2尾、サンマなら1尾ほど食べれば、1日に必要とされる量が補えます。

現代人は魚を食べる頻度が減っている一方でオメガ6脂肪酸の摂取は増えています。体内でしっかりコルチゾールを生成するためには、オメガ6脂肪酸(サラダ油など)の摂取を控えて、魚料理からDHA・EPAを摂取するようにしましょう。

魚を毎日食べることが難しい場合は、サプリメントからDHA・EPAを摂取する方法も手段の一つです。

・副腎疲労

コルチゾールの分泌は体内の副腎によって管理されています。コルチゾールは炎症を抑制する作用のほかに、血圧や血糖値を上げる作用をする闘争ホルモンでもあります。身体にストレスがかかったときに対応できる(力を出せる)ように、血圧や血糖値を上げて身体を整えるホルモンなのです。

そのため、コルチゾールの分泌は朝から午前中にピークを迎え、夜にかけてゆるやかになってきます。逆に夜にコルチゾールがたくさん分泌されていると、睡眠に支障が出ます。

下の図では、眠るためのホルモン(メラトニン)とコルチゾールの分泌リズムを比べていますが、このように時間によって分泌量が変わります。

しかし、生活の乱れやストレス過多などでコルチゾールが夜でも必要な身体になっていると、副腎は絶えず分泌を管理してなくてはなりません。そのような状態が続くことで、次第に副腎が疲労してくると、コルチゾールの分泌が管理できなくなり、必要な時に分泌できない状態となってしまいます。

副腎によってコルチゾールの管理をしっかりするためにも、夜にはリラックスする習慣をつけていきましょう。

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる油

ここまで、アトピー性皮膚炎が起きるメカニズムと、その症状を抑制するコルチゾールについて確認してきました。

アトピー性皮膚炎は炎症反応から起きる症状ですが、普段摂取している油には炎症を促進させるものと炎症を抑制するものがあります。

炎症を促進させてしまう油はオメガ6脂肪酸(サラダ油など)です。オメガ6脂肪酸であるリノール酸は体内でアラキドン酸に変換され、その後炎症物質となるプロスタグランジンなどが作られます。

アトピー性皮膚炎の炎症を抑えるためには、まずオメガ6脂肪酸(サラダ油)の摂取を控えることが重要になります。

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるDHA・EPA

オメガ6脂肪酸が炎症を促進させる油に対して、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は炎症を抑制する作用をする油です。

DHA・EPAは体内に起きている炎症を抑制・収束させる働きをするのです。ただ、サプリメントなどの用量を守らずに摂り過ぎてしまうと、ステロイド剤同様、免疫機能を低下させてしまいます。サプリメントで炎症抑制のためにDHA・EPAを摂取するのであれば、用量を守るようにしましょう。

また、DHA・EPAは大変酸化されやすい油であり、酸化されると過酸化脂質となり炎症抑制の作用がなくなるどころか、身体にとっては有害物質となります。

脂質は熱・酸素・光の条件によって酸化されます。そのため、魚料理でも加熱してから空気に触れているような、惣菜コーナーの魚や加工品は、中に含まれているDHA・EPAが酸化している可能性があります。炎症抑制効果を期待するのであれば、調理したての魚料理を食べるようにしましょう。

さらに、体内にDHA・EPAが入った後も、体内に存在する活性酸素によって酸化されないように、抗酸化物質を積極的に摂る必要があります。

野菜や果物、魚介類に多く抗酸化物質が含まれているため、魚料理と共に食べるようにしましょう。同じようにDHA・EPAのサプリメントを摂取する場合も、抗酸化物質としてビタミンEなどが添加されているものを選ぶ必要があります。

また、オメガ3脂肪酸といえばナッツや亜麻仁油、エゴマ油からでも摂取できることは有名です。ナッツや亜麻仁油にはαリノレンというオメガ3脂肪酸が含まれており、αリノレンは体内で「αリノレン → EPA → DHA」に変換され、炎症抑制の作用があるとされています。

しかし、現代人はそのように変換されるために必要な酵素が体内に少ない人が多く、変換率は0.2~15%とされています。

そのため、炎症抑制のためにオメガ3脂肪酸を摂取するのであれば、ナッツや亜麻仁油ではなくDHA・EPAとして魚やサプリメントから摂取した方が効率的です。

まとめ

ここではアトピー性皮膚炎の症状が起きるメカニズムと炎症を抑制させる方法を確認してきました。アトピー性皮膚炎は免疫反応が過剰に起きてしまうアレルギー体質によって生じやすいです。

皮膚炎の引き金になる肌のバリア機能は保湿などによって保っておく必要はありますが、過剰な皮膚炎の症状を身体の中から抑制できる機能を強化しておくことは重要です。

皮膚科などで処方されるステロイド剤や炎症止めは劇的な効果を実感できますが、対症療法でしかない上に、使い続けると本来の身体に備わっている炎症抑制機能を低下させてしまいます。

したがって、「かゆみを我慢するというストレス」をなくすためのステロイド剤の使用は最小限に留めましょう。

コレステロールからコルチゾールをしっかり作り出せるように、DHA・EPAの摂取で細胞膜をしなやかにしておきましょう。同時に夜にはリラックスを心掛け、コルチゾールを管理している副腎を休ませてあげると良いです。

また、炎症を促進させるオメガ6脂肪酸(サラダ油など)の摂取を控え、炎症を抑制・収束させるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の摂取を心掛ける必要があります。身体に逆効果となってしまう油の酸化防止に意識しながら、魚料理やサプリメントからDHA・EPAを摂取しましょう。